『永遠と一日』のポスター

永遠と一日

1998 ・ ドラマ ・ フランス ・ ギリシャ ・ イタリア
評価する

基本情報

Μιά αιωνιότητα και μιά μέρα
1998 · フランス · ドラマ
132分
現代。北ギリシャの港町、テサロニキ。作家で詩人のアレクサンドレ・アレクサンドロス(ブルーノ・ガンツ)は不治の病を得て、入院を明日に控え、人生最後の一日を迎える。母の呼ぶ声を耳に3人の親友と島へと泳いだ少年の日の思い出の夢から覚めた彼は、3年前に先立たれた妻アンナ(イザベル・ルノー)が遺した手紙を託すため、娘カテリナ(イリス・ハジアントニウ)の元を訪ねる。手紙の1通は30年前の夏の一日、生まれたばかりの娘を囲んでの海辺の家での思い出をよみがえらせ、妻の深い愛情を改めて知らしめた。町に出た彼はアルバニア難民の少年(アキレアス・スケヴィス)と出会う。アレクサンドレは国境まで少年を送り帰そうとするが、彼は離れようとしない。河辺で少年に前世紀の詩人ソロモスの話をするアレクサンドレ。幻想のなかでかの人ソロモス(ファビリチィオ・ベンティヴォリオ)に出会うふたり。痛みをこらえながらアレクサンドレは少年と旅を続けるうち、さらに過去の記憶が甦る。夏、アンナをともない親戚らと島へ向かったこと、島に残る少年の日の思い出の崖。少年の仲間の死は病院で別れを告げた母(デスピナ・ベベデリ)を思い起こさせる。仲間と旅立つという少年とバスに揺られれば、さまざまな年代の人々が夢かうつつか乗り込んでくる。結局、少年は深夜、大きな船で去った。思い出のこもった海辺の家は解体される。病院行きをやめたアレクサンドレの耳に、亡き妻の声が響く……。

キャスト/スタッフ

forward

レビュー

forward

ギャラリー

forward

この作品が含まれたまとめ

1
forward
今まで★ 602,635,238件の評価 が集まっています!
  • 出典
  • サービス利用規約
  • プライバシーポリシー
  • 会社案内
  • カスタマーサポート
  • support@watcha.com
  • © 2021 by WATCHA, Inc. All rights reserved.