孤独のグルメSeason7

2018 ・ ドラマ/TVドラマ
評価する

基本情報

孤独のグルメ Season7
2018 · ドラマ/TVドラマ
日本
その日、井之頭五郎は上尾駅に降り立った。仕事前だというのに、五郎のお腹はトンカツモード。昨日トンカツが食べたかったのに食べられなかったため、今日はどうしても食べたいのだ。ご夫婦(木野花・山上賢治)で営んでいる着物の「新井屋」での仕事を終えると、五郎はトンカツを食べられる店を探すが、なかなか見つからない。「上尾市民はどこでトンカツを摂取しているんだ・・・」などと呟きつつ、小さな路地に入っていくと、「食堂」の文字が目に入った。キセキ食堂の方に歩いていき看板を見る。「本店が精肉店・・・おいおいおい」とニンマリし、中に入ると、「キセキ定食(肩ロースカツ)」を注文した。五郎は「人気ナンバーワン」「肩ロースを低温熟成」の文字にも引き込まれる。その後、キセキ定食が前に登場すると、五郎はその厚さと大きさに驚き、思わずメジャーで測ってしまった。そんな五郎の目の前に、いろいろなソースや調味料が並んでいる。まずはとんかつソースをかけて豪快に頬張る。あまりの美味しさに顔がほころぶ。その後岩塩、辛味噌も試してみるがどれも美味しかった。ふと、隣の客がキセキのステーキとカツを100グラムずつ注文しているのに気づき、自分もキセキのステーキ100グラム頼んだ。店員さんに勧められるままにオニオンソースをかけて食べると、かなりイケた。レモンを絞って岩塩でも試してみた。最後にわさび醤油も試してみると、これが最高に美味しかった。五郎は大満足で上尾を後にした。

キャスト/スタッフ

forward

シリーズ

forward
今まで★ 597,303,179件の評価 が集まっています!
  • 出典
  • サービス利用規約
  • プライバシーポリシー
  • 会社案内
  • カスタマーサポート
  • support@watcha.com
  • © 2021 by WATCHA, Inc. All rights reserved.