帝王の娘 スベクヒャン

2013 ・ 歴史/TVドラマ
評価する

基本情報

제왕의 딸, 수백향
2013 · 歴史/TVドラマ
韓国
6世紀の百済、第24代王 東城王の治世末期。加林城の城主ペク・カの娘チェファは、王の従兄にあたるユンと密かに情を通じ、彼の子を身ごもっていた。そうとは知らないユンは、もし娘を授かったら百済を守る花という意味の“スベクヒャン"と名付けようとチェファに話す。その頃、東城王から屈辱を受け、怒りを募らせていたペク・カは、ユンの側近ヘ・ネスクにそそのかされ、東城王を暗殺する。東城王を敬愛していたユンはこれに激怒し、ペク・カを自害に追い込むが、ネスクからチェファも命を落とした聞き、悲しみにくれる。ユンは第25代王 武寧王として即位すると、東城王から託された息子チンムを守るため、実子ミョンノンと入れ替え、チンムを王位につけようと決意する。一方、家来のクチョンに助けられ伽耶へ逃がれたチェファは、娘を出産し“スベクヒャン"ではなくソルランと名付ける。時が過ぎ、ソルランは、出生の秘密を知らぬまま、チェファとクチョンの間に生まれた妹ソルヒとともに貧しくも幸せに暮らしていた。ところがある日、ソルヒはソルランが武寧王の娘だと知り、彼女に成り済まして王女の地位を手に入れようと画策しはじめ…。

キャスト/スタッフ

forward

今まで★ 612,614,616件の評価 が集まっています!
  • 出典
  • サービス利用規約
  • プライバシーポリシー
  • 会社案内
  • カスタマーサポート
  • support@watcha.com
  • © 2021 by WATCHA, Inc. All rights reserved.