코멘트
코멘트
star3.0
サラジェシカパーカー演じるヴィヴィアンの繊細さが印象的。 ニューヨークの人たちとすれ違っていくシーンは、この社会とか人生それが見えてくる感じ。 出逢って別れて、ただそれぞれの人生がすれ違うかぶつかるか交わるか、必然とか偶然とかそんなのは結局自分たちが定義したいからそうするだけで、ただ純粋にそこにここの人生が、道が、軌跡があるだけ。 なにを大切に生きるか。 なにに生きるか。 なにを望んでなにを捨ててなにを選んでなにを守っていくか。 うやむやに、流れに身を任せて生きれば生きるほど、そこに道はなくて、ただふわふわと浮かんでいるだけ。 自分がないことに気付いて恐怖して、後悔するだけ。 私がそう。 むつと出会ってなかったら。
00