코멘트
マーティン・スコセッシ節が効いてる。役柄は全然違うが、『カジノ』を思い出した。あのもやぁとした終わり方は正にスコセッシだと感じた。 実話を元にした話しだそうだ。そうは思えないくらい残虐な話しであった。本当にこんな人物たちがいて、それが明るみに出たならば、それはもう死刑だろうと思うが、それが起こりうるのが海外であって、それがあり得てしまいそうと感じるのは監督の成せる技なのだろう。 トラックの運転手がヒットマンになっていくというのは妙に現実味がある。ヒットマンってのは様々な作品に登場する。大体がヒットマンとしての訓練を受けた人間がそうなっていく。しかし、現実はこんなもんなのだろう。止むに止まれぬ事情があり、その末になってしまった。いつでも切り捨てられる隅の人間が選ばれるのかもしれないが、彼は手際が良かった為に信頼され、その役を担い続けた。そのせいで家族が離れていってしまったが、自業自得だ。老人ホームに入るも、輝かしい『昔、悪かったんだぜ』話しは誰にも通用しない。何故なら時代が移ろっているし、さらに日陰者たちの英雄譚なんてのは誰も語り継がないのだ。 陽の元で胸を張ってやっていける仕事をし続けようと思った。
좋아요 12댓글 0


  • 데이터 출처
  • 서비스 이용약관
  • 개인정보 처리방침
  • 회사 안내
  • © 2022 by WATCHA, Inc. All rights reserved.