코멘트
코멘트
ジュネ
star3.0
直近で劇場公開された新作をレビュー、今回取り上げるのは音楽業界での成功を夢見る女性の成長ドラマ、『ネクストドリーム』。 ------------------------------------------------------------ 劇中で美声を披露するのが最近バカ売れ中のケルヴィン・ハリソンJr.なんですけど、彼のスキルの幅広さには脱帽ですね。『ウェイブス』で刹那的な生き方ゆえに身を滅ぼす青年を演じたかと思えば、『ルース・エドガー』では全く底の知れない不気味な優等生役、今作では抜群の歌唱力まで持っていることが明らかになり、最早向かうところ敵なし状態です。 ------------------------------------------------------------ ダイアナ・ロスの娘であるトレイシー・エリス・ロスも負けじと力強い歌声を聞かせてくれますし、ストーリーも非常に分かりやすく単純明快です。主人公の挫折・成功・幸福がテンポ良く押し寄せ、コロナ禍の鬱屈した雰囲気を吹き飛ばすにはこれ以上ない1本だと思います。普段であればあまり楽しめないタイプの映画なのですが、今は何も考えずに見られるサクセスストーリーが却ってありがたく感じられました。 ----------------------------------------------------------- それにしても本作はご都合主義の乱発で、ド素人で何の成功例もないただの付き人がスーパースターに曲を採用されたり、何のヒットも飛ばしていないアマチュアの歌い手が飛び込みで大舞台の前座を譲ってもらったり…。現実味のない絵空事に思えて冷めてしまう部分もあったので、総じて良し悪し半々の仕上がりといったところでしょうか。『プラダの悪魔』の再来はちょっと言い過ぎかも。
110