코멘트
코멘트
star3.0
≪人間はなにかにつけ幻想を見ながら恥の多い生涯を終えていく≫ どこからともなく聞こえる、ウディ・アレンからのメッセージに思えた。 この映画でもそうだが、彼の作品に出てくるエキストラの存在感と言ったら、表情や動き、臆面もなく主人公にかぶさってくる移動など、とても魅力的で、一度、エキストラだけを注視して最後まで鑑賞してみたい気にもなる。
00