코멘트
코멘트
ジュネ
star3.0
直近で劇場公開された新作をレビュー、今回取り上げるのは『ガンズ・アキンボ』。時が経つのは早いもの、今年31歳になったダニエル・ラドクリフの新作です。 ------------------------------------------------------------ ダニエル・ラドクリフの作品選びにはちょっと脱帽させられます。自らのイメージを常に更新するようにアグレッシブな役柄へと次々に挑戦しており、最近ではバカげた設定の映画にも躊躇いなく参加してますよね。『ガンズ・アキンボ』も手に銃を刺された男、という突っ込みどころ満載の話なのですが、序盤からちゃんと「扉を開ける」「服を着る」「トイレ」といった生活様式を通じてハードモードの人生を見せてくれるのは好印象。 ------------------------------------------------------------ デスゲームがネットを通じて拡散されている、弾を撃ったら残弾数がピロリン♪と表示される等々、本作はとにかく「ゲーム的」な演出の連続で、与えられた世界観で出来ることは全てやりきっている印象でした。最強にイカれた女殺し屋であるニックスの存在感もワクワクさせますし、話を二転三転させて絶えずアドレナリンを噴出させるやり方も、どんどん興味の持続が短くなっている「今どきの若者向け」といった感じです。 ------------------------------------------------------------ オヤジ臭く苦言を呈するならば、結局「単純刺激」以上のものは何もなく、観客をシートに「釘付け」にするまでは今一歩。やっぱり全てがどこかで見たような、知ってるような話の連続ですから簡単に先が読めてしまいます。B級映画としては正直満足度も十分ですし、これ以上は必要ないくらいですけど。
120