코멘트
코멘트
    star2.5
    13歳の少年パパラッチを人気俳優が追いかけまわすという異色のドキュメンタリー。パパラッチの歴史もちゃんと知ることが出来る。 初期投資だけなのかもしれないけど、ポンッってしっかりしたカメラ買ってもらえるのって相当裕福な家庭だよな…。だけど、お母さん、もうちょっと気にかけてあげなよ…とは思ったなあ。位置知らせるものもあるから大丈夫!って言ったって傍から見たら明らかに高級なカメラ持ってる少年なんだし、夜の犯罪多発地区に行ったら、周りに仲間がいるといえ強盗や誘拐されかねないでしょって目で観ちゃったな。放任主義というより無責任に映っちゃったな(まあ最終的に反省してたしそれは安心したけどね) 「セレブの生活を追うことで自分がセレブのような気持ちになれるから」という推察はなかなか面白い。言われていた通り、「日々の生活が退屈だから、華やかなセレブ生活に羨望する」というのはありそう。 パリス・ヒルトンの「私の商売はパパラッチあってのこと」「パパラッチは必要悪」といえるのは生まれながらのセレブだからっていうのはありそう。世間のイメージは割とおバカキャラ寄りだと思うんだけど、実際には利用できるものを上手く活用できる頭の回転がいい人なんだろうな。 この映画は約10年前の作品。オースティン少年は今何をしているんだろうな。
    스포일러가 있어요!!
    00