코멘트
코멘트
    star2.5
    戦争シーンのドキュメンタリー風なカメラワークやバカでかいクリーチャーの造形など見所多かった!けど...失敗したあこれ続編の方だったのか!一作目を観ずに観てしまったぁッ....
    30
    確かにシナリオがピンボケですね。一作目は低予算をカバーする様なまとめあげる力を新人監督がだし、そこからジャンプアップした訳ですが、この監督にも映像のこだわり等、非凡なセンスは感じます。確かにモンスターは要らないかもなんですが、不条理な戦場に人智を超える存在として、種を保存する本能の見本として、メルクマールとして描いたのでしょう〜と解釈。 もしかして信仰?ありえないか⁉︎
    10
    怪獣映画も、戦争映画も好きである。双方が合体した感じの宣伝内容だったので、勇んで観たが、何ともまたガックリ。 まずは、怪獣映画としては、もはや完全に赤点であろう。モンスターも、新種も、映画的には殆ど必要とされていないと言って良いのではないか。主人公たちが戦う相手はそれではなく、ゲリラ、すなわち人間である。 それでは戦争映画としてはどうかというと、ヒロイズムを極端に排した絶望映画となっている。主人公たちは、戦場でメソメソと泣き、必要以上に悩み、絶望し、敗走する。 また、そうなった理由も単純で、サスペンス性は全く無いときている。 これでは、客は呼べないと思うのだが・・・。
    00