코멘트
코멘트
    star3.0
    地方新聞の記者が主人公(松田龍平)、ひき逃げ事件で特ダネ情報があり、記事にしてしまうがこれが誤報で、被害者の妻にとんでもない迷惑をかける。 結果的にガセネタを持ち込んだ記者は姿を消し、そこから真実を伝えるとはどういうことか問われ始める。 今はフェイクニュースが横行、受け手には真か否かを判断する責任がある、なんて言われる始末だ。 善意の誤報ではなく、意図をもって流されるととても難しい。
    00
    報道の現状について考えさせられた作品。 「誤報は人間の弱さが生み出すものだ。だからといって、伝えることから逃げてはいけない。人が人に想いを伝えるとき、そこには言葉がある。そして真実は、強く恐れない人の心にあるのだ。」 誰もが簡単に情報を発信できるようになった時代に、適切に情報に伝えていきたいと思いました。
    스포일러가 있어요!!
    00