Comment
Comment
ジュネ
star4.5
今年一、後味のよかった実に爽やかな青春映画です。本作を見て改めて思ったのは、映画が出演する役者の人生に与える影響がいかに大きいかということです。ダメな映画を見ると出演した俳優陣にも変なイメージがついてしまいますし、逆に素晴らしい映画に出会えた時はその役を演じた方々のことが気になって仕方なくなる。 その意味で本作の小松菜奈は「橘あきら」のイメージにド嵌まりで、この映画を見て彼女のファンになる方も多いんじゃないかと思います。それくらい魅力的で輝いていました。 また、この映画にとっては比較されることも不名誉でしょうけれど、現実で未成年に対する不祥事が頻発している最中、本作を通して大人のあるべき姿を見たようで非常に清々しい思いがしました。単なる年の差カップルの痛い恋愛を描くに留まらず、不器用な二人が出会いを通じて再び前を向き「走り出す」までの成長憚として成り立っているところが良かったです。 劇中で近藤店長は度々自分のことを自虐的に貶めるんですけれど、こんなに立派で思いやりがある人なかなかいないです。10年後20年後、近藤を「私が本気で好きになった人」として懐かしく語らうことのできる彼女を、私は何だか羨ましく思います。
300