Comment
Comment
へちょび
star4.0
まず、ヒイロとウイング・ゼロがとにかく華麗でかっこいい! 羽根を広げるシーンはもちろんですが、最後のツインバスターライフルの連射で自壊していくところまで含めて、最高です。 ガンダムシリーズと言えば、口論しながらの戦闘が名物ですが、今作ではヒイロと五飛がその役を担っています。平和の為に戦ってきた筈の兵士達が、いざ平和が訪れると邪魔者扱いされてしまう。そんな悲哀が、二人の会話で描かれています。関係ないのですが、ちょっとランボーっぽいなと思います(笑)。ただ、最後はヒイロも五飛もそれぞれ自分の答えを見つけて、次に進みます。ランボーみたいに逮捕はされません(笑)。 そんな感じで、最後良い曲が流れて「人々に平和が訪れ、モビルスーツという兵器は二度と現れなかった」と綺麗に終わるのですが、この後ガンダムXやターンA等シリーズが続くので、整合性が取れなくなってしまっているんですよねぇ…。そこが少し残念ではありますが、本作単体でも面白く観られる作品だと思いますので、ガンダム知らない人にもオススメしたい作品です。
This may contain spoiler!!
60