Comment
Comment
star3.5
劇団⭐︎新感線の作品。歴史上伝えられている義経が実は偽者で奥州の藤原家(この作品では奥華家)の御曹司で本物の牛若は性格や所業が悪く偽義経に殺されてしまうところから話は始まる。偽義経は戦に強く平氏を滅ぼすが奥華家では父親が奥州だけ守るというそれまでの家訓を破り京都侵攻を考えていた事でりょう演じる妻である黄泉津により殺される。偽義経はそれを知り奥州に赴くが殺されてしまう。そこで前半が終わるのでこの後どうなるかと思っていたら冥界より甦り源頼朝と戦うという話。蘇った義経は既に死んでおりきられても死なない。奥州が源頼朝に征服されそうになり偽義経は祖先を蘇らせ頼朝と戦うが死人軍団は日本全体を支配しようとする為偽義経は彼等と戦い日本を死人の支配から守り戦う私はもっと期待していたがそれほどでもなかったというのが正直な感想。劇団⭐︎新感線の他の作品では主役がヒーローらしいヒーローで共感しやすかったが本作品ではチョット共感出来なかった。死者になり戦うという設定もどうかな?と思った。そうは言ってもチャンバラシーンは面白く観れた。
00