Comment
Comment
star4.0
南雲さんの声優さんのブログを読んで、ふと見直したくなったので再視聴。 どっちかというと大好きな部類に入っちゃうのが悔しいw 徹頭徹尾押井節というか作風、芸風なんでもいいけど、そういう雰囲気の映画。 この作品でめちゃめちゃ評価したいというか、何度見ても感じ入ってしまうのが、南雲しのぶという女性が本当に実在しているのではないかと思うほど血肉を持っていること。そりゃちょっと(男性から見て)夢見がちな部分がないではないけど、南雲さんはこの映画における主役だし、声優さんががっちり作り込んだ血肉を持った女性のキャラクターとして金字塔となったと思う。今後男性監督が描き出す女性キャラクターでこの人をこえる人が出るかもわからないくらいの金字塔だ。 このあと押井監督が草薙素子を生み出す(士郎正宗先生だけど、キャラ自体はもはやオリジナルに近いでしょ)ことになるのも納得の女性キャラクター。皆さんがいう後藤さんに痺れる前に私は南雲さんに痺れた。 あと、竹中直人さん、声が特徴的なのですぐわかるんだけど、ほんと上手いよな……あの声質を考えたら竹中さんを起用して正解だったし、専業の声優さんではない人を起用することで起こる抑制的な台詞回しも逆にいい感じになっててスゲーなと思ったよね。
00