レビュー
{ 松子[昭和]デラックス } どう見てもドン底で救いようの無い人生ですが、絵ヂカラが強すぎて感傷的になる余裕がないというお造りです。 ミュージッククリップのような濃密さで[映像の激流]に押し流されます。 親の愛情に恵まれず、転落人生 男運の悪さの末に、身を持ち崩す… 確かに結末は悲惨だけど、完全に不幸な人生だったのか? 恋多き人だったけど、報われなかった。 でも輝いた瞬間もたくさんあったはず。 [価値]の無い人生ではなかったはずだ。 愛を求めた人は同時に多くを与えてもいたのだろう。 毒々しくも華やかな昭和ファンタジーでした。
いいね 25コメント 0


  • 出典
  • サービス利用規約
  • プライバシーポリシー
  • 会社案内
  • © 2022 by WATCHA, Inc. All rights reserved.