レビュー
レビュー
star4.0
「好きな気持ちは誰にも奪えないよ」 最近のNHKのドラマ10はアツイな。 漫画の実写化が続いているが、その全てが名作となっている。クオリティが高いことで一定のファンがついているのだ。ドラマ10ブランドが定着してきたかもしれない。 特撮の隠れオタである仲村叶。性別は女であるが、大人になっても特撮好き。彼女が特撮オタクであることは一部の人間しか知らない。この「女なのに、男の子向けの特撮作品が大好き」という設定が、社会に出ると偏見の目で見られるのだ。 本作は何と言っても特撮のクオリティが高い。そこが本作の見所である。 本作のテーマは、こう集約することができよう。 「オタクで何が悪い。好きなことがあるっていうのは、素晴らしいことではないか」と。 好きになるものに、年齢も性別も関係ない。 必要なのは、それを好きだという思いのみ。 好きなものは好き、このように堂々と言える環境を作ってあげることが大切なんじゃないかな。 仲村叶役の小芝風花は、関西弁と演技も上手く可愛らしく最高であった。小芝風花は、ものすごいハマり役だったと思う。 友達の吉田さん役倉科カナの演技もめっちゃ良かった! 頼りになる素晴らしい友達であった。 少し強引なところもあるけれど、引っ張ってくれるのが良いよね。 2人の会話を聞いていると、同じ趣味を持つ友達って本当に素敵だなあと思わざるを得ない。羨ましい関係であった。 好きなものが同じ友達ができるのが本当に羨ましい。私も欲しいな。仲村さんと吉田さんのような関係が理想である。 いまを生きる人々にみてもらいたい良い作品であった。オタクの生き方、捉え方が変わるはずだ。ぜひ、彼ら彼女たちに偏見がある方には見てもらいたい作品である。 スペシャルドラマで続編やって欲しいなあ。
10