レビュー
レビュー
star4.0
憎しみは憎しみしか生まない 白人至上主義だった主人公の兄は刑務所に入ったことで、自ら犯した過ちに気づき、更生し始める だが、すべては遅すぎた… 白人至上主義の差別対象である黒人を極端に美化せず、差別の構造の本質を描いた映画なのですが「自分とは違う存在どこまでも見下す人間の醜さ」というものを突きつけられました。 でも、差別は個人の意識や見方を変えれば無くすことも出来ると個人的に感じた気がします。 大きな問題を集団的に大きく解決する事は難しいけれど、身近な所から1つずつ解決するのは個人でも出来る。 その努力が今の現実には必要なんだとこの映画を見て感じました。
50