코멘트
코멘트
star3.5
何気ないありふれた日常に漂う[悲劇の気配] ベートーヴェン作[エリーゼのために]の繊細な調べがかすかに調和を外し、ふと訪れる[日常の破滅]… 1999年のコロンバイン高校銃乱射事件より着想されたこの物語は、登場人物全員が主人公といえる。 死は平等に誰もに訪れる。 物語は淡々と出来事を映し、被害者・加害者という枠組みを超えた[大きすぎる問題]を提示している。 その後も世界で繰り返される銃乱射事件。 銃社会のアメリカだけの問題ではない。 [殺傷武器]は、思いがけず我々の身近にもあるようだ。 [大きすぎる問題]は、世界そのものに溶け込んでいる。
131