『ヴェニスの商人(2004)』のポスター

ヴェニスの商人(2004)

2004 ・ ドラマ ・ イタリア ・ イギリス ・ アメリカ
平均 ★3.2 (182人)
評価する

視聴可能なサービス

forward

基本情報

The Merchant of Venice
2004 · イタリア · ドラマ
116分
1596年のヴェニス。ヨーロッパの貿易の中枢として栄えたこの運河の街で、土地を持つことを許されないユダヤ人たちは、ゲットーの中に隔離される生活を余儀なくされ、金貸し業を営んでいた。シャイロック(アル・パチーノ)も、そんな金貸しのひとりだ。彼らがキリスト教徒から迫害の対象にされたのは、宗教の違いに加え、高利で金を貸す行為がキリスト教の教えに反するとみなされたからだった。ユダヤ人を示す赤い帽子をかぶって出かけたゲットーの外で、キリスト教徒の暴行の恐怖にさらされるユダヤ人たち。シャイロックも例外ではなく、顔見知りの貿易商アントーニオ(ジェレミー・アイアンズ)から、顔にツバをはきかけられる屈辱を味わう。そんなアントーニオとシャイロックの力関係が逆転する日が訪れたのは、それからまもなくのことだ。原因を作ったのは、アントーニオの年下の親友バッサーニオ(ジョセフ・ファインズ)だった。放蕩生活で財産を使い果たしたバッサーニオは、ベルモントに住む美しい女相続人ポーシャ(リン・コリンズ)に求婚するための資金を借りようと、アントーニオの元へやって来た。が、アントーニオの全財産は、いまは船の積荷となって、世界中の海に散らばっている。そこでアントーニオは、自分が保証人となり、シャイロックから金を借りることを提案した。彼の書いた証文を携えて、さっそくシャイロックを訪ねて行くバッサーニオ。驚いたことに、シャイロックは、3000ダカットもの大金を無利子で貸すことを承諾した。ただし、それには条件があった。「3ヵ月の期限内に借金が返せなかったら、アントーニオの肉1ポンドを引き替えにもらう」というものだ。常軌を逸したシャイロックの申し出にアントーニオはたじろぐが、積荷が期限内に戻ると信じる彼は、バッサーニオの幸せのために、この条件を承諾した。まもなくバッサーニオはベルモントへ出発。その一行の中には、バッサーニオの友人ロレンゾー(チャーリー・コックス)と駆け落ちしたシャイロックの娘ジェシカ(ズレイカ・ロビンソン)の姿もあった。彼女が家の宝石類を持ち出したのを知り、怒り狂うシャイロック。娘と財産を同時に失った彼の慟哭は、ヴェニスの闇を突き、街中に轟き渡った。ベルモントで、バッサーニオたちは熱烈な歓迎を受けた。若くハンサムなバッサーニオにひと目惚れしたポーシャは、結婚の条件である箱選びの試練に挑戦するバッサーニオを、祈るような気持でみつめる。その思いが通じたのか、バッサーニオは正しい箱を選び、堂々とポーシャの夫となる資格を手にする。さらにバッサーニオの仲間グラシアーノ(クリス・マーシャル)が、ポーシャの侍女ネリッサ(ヘザー・ゴールデンハーシュ)に求婚したことによって、一行の喜びは二倍にふくらんだ。だが、それもつかの間、バッサーニオの元にヴェニスからショッキングな知らせがもたらされる。アントーニオの荷を積んだ船がすべて難破。借金返済の目処がたたなくなったアントーニオは、約束どおり、肉1ポンドをシャイロックに支払わなければならなくなったのだ。その正当性を決する裁判が開かれることを知ったバッサーニオは、ポーシャと急いで結婚式をあげると、借金の2倍の額の金を携えて、ヴェニスへと戻るが。

キャスト/スタッフ

forward

評価分布グラフ

平均3.2
(182人)

レビュー

4
forward

映画好きは必見!

WATCHAで映画をもっと楽しもう

WATCHA

視聴可能なサービス


今まで★ 587,078,793件の評価 が集まっています!
  • 出典
  • サービス利用規約
  • プライバシーポリシー
  • 会社案内
  • カスタマーサポート
  • cs@watchapedia.co.jp
  • © 2021 by WATCHA, Inc. All rights reserved.