『ジャスティス(1979)』のポスター

ジャスティス(1979)

1979 ・ ドラマ/サスペンス ・ アメリカ
平均 ★3.5 (373人)
評価する

基本情報

...And Justice for all
1979 · アメリカ · ドラマ
119分 · G
ボルチモア裁判所の拘置所の暗がりの中に、若い弁護士アーサー・カークランド(アル・パチーノ)がうずくまっていた。弁護士の彼が拘置されているのは、裁判中にフレミング判事(ジョン・フォーサイス)を殴ったからだ。真夜中、拘置所を出た彼に早速仕事が依頼された。彼の妥協を許さぬ熱血漢ぶりは多くの人々に信頼されていた。今彼は2つの気にかかる事件を手がけていた。1つは、ジェフ(トーマス・G・ウェイツ)という若者が車の尾灯の故障というだけで逮捕された事件と、性倒錯の黒人ラルフ(ロバート・クリスチャン)が強盗の仲間として告訴されている事件だ。ジェフの一件で、法規だけをふりかざす権力主義者のフレミング判事と対立していたのだ。一方、黒人のラルフは普段女装している気弱者で、囚人になるなら死んだ方がよいとまで考えているため、アーサーは、彼を何とか保釈させようと思っていた。法を守る筈の裁判所は、しかし矛盾と不正に満ちており、アーサーの周りには自殺癖という奇妙なクセのあるレイフォード判事(ジャック・ウォーデン)などもおり、フレミング判事ともども法の執行者として問題のある人間が多かった。そんなある日、その憎むべきフレミング判事が強姦罪で告訴されるという事件が起き、事もあろうに、フレミングはアーサーに弁護を依頼してきた。彼の申し出をはじめは拒否したアーサーだったが、ジェフの保釈を条件に出され、仕方なしに引き受けることにする。その頃、弁護士の査問委員会に呼ばれたアーサーは、委員の1人で女性弁護士のゲイル(クリスティン・ラーティ)と知り合い、いつしか愛し合う仲になる。そんな頃、黒人青年ラルフが刑務所に送られ自殺し、ジェフが所内で人質を取りたてこもるという事件が起きた。かけつけたアーサーに、ジェフは自分は無実だと言い続け、しかも、看守たちがかわるがわる自分を犯し続け暴力をふるうので刑務所には一刻もいることはできない、と訴えた。ショッキングな事実を聞いてアーサーの怒りは爆発するが、ジェフは立ち上つた瞬間に、周囲を取りまいていた警察の弾丸に息絶えていった。そしてフレミング判事の裁判の日が来た。依頼人のジェフが生きているうちはこの悪徳判事の弁護にも意味があったが、倒錯した性感覚の持主である事実をつかんだ今は、フレミングの弁護をする意味は何もなかった。そして、アーサーは、フレミングを指さして叫んだ。“こいつは正義の皮をかぶったケダモノだ!こいつには弁護の余地はない”と。

キャスト/スタッフ

forward

評価分布グラフ

平均3.5
(373人)

レビュー

20+
forward

틱톡 X 왓챠피디아 점프 기능 런칭!

틱톡 영상에 콘텐츠 연동하기

TikTok · AD

ギャラリー

forward

この作品が含まれたまとめ

27
forward
今まで★ 640,316,539件の評価 が集まっています!
  • サービス利用規約
  • プライバシーポリシー
  • 会社案内
  • カスタマーサポート
  • cs@watchapedia.co.kr, 02-515-9985
  • 広告掲載のお問い合わせ
  • ad@watcha.com
  • 株式会社Watcha Japan
  • 代表 黒田淳一
  • 東京都渋谷区渋谷2-24-12 渋谷スクランブルスクエア39F
  • 事業者登録番号 211-88-66013
  • © 2021 by WATCHA, Inc. All rights reserved.